初心者にもわかるFXの基礎知識

FXとは、Foreign Exchangeの略で、外国為替証拠金取引のことです。では外国為替証拠金取引とは何でしょう。外国為替は、日本の円とアメリカのドルなどといった異なる国々の通貨(外貨)を売買して転換することです。そして証拠金取引は、証拠金を担保にすることでその何倍もの金額を運用することができる取引です。つまり外国為替証拠金取引とは、為替の変動を利用しながら、少ない証拠金で、大きく外貨を運用して利益を得ようとする取引なのです。たとえば1ドルが80円の時に80円で買い、1ドルが90円になったときに90円で売れば、90円-80円=10円の利益です。けれども当初買っていたドルが1ドルではなく1000ドルなら、利益は10円×1000=10000円です。1000ドル分買うのには本来80円×1000=80000円がかかりますが、外国為替証拠金取引では、もっと少ない証拠金(たとえば20000円)を用意すれば、80000円分の取引が可能となるのです。このケースでいくと、20000円の自己資金で80000円分の取引をし、結果、10000円の儲けということになります。このように少ない自己資金で大きな取引をして利益を得ることを、てこの原理になぞらえ、レバレッジ効果と呼ばれていて、FXの大きな特徴の一つとなっています。

FXをゲームで体験してみると良いかもしれません

もし、FXを始めてみたいと思っていましても、それが一体どのようなものなのか、ちゃんと知らずに行なうのはあまり良いと思えないかもしれません。本を読んだり、インターネットで調べたりしながら知っている方法もありますが、どのようなシステムで動いていくのか、練習をすることが良いかと思われます。練習なんてどうすればできるのかと言いますと、携帯型ゲーム機のソフトでFXを体験できるようなものがあるのです。ゲームでしたら実際にお金を投資することはありませんし、安心して行なうことができるので、勉強になるのではないかと思います。そのゲームで練習をしてみて、実際にFXをやってみようか、それともやめておこうか、ゲームをすることによって自分自身で投資をすることに向き不向きを判断できるかもしれません。投資をすることはお金が動いていくことですし、儲かることもあれば損をすることも、当然のごとくありえます。ですがゲームの中ではそのゲームで作られたお金で動かしていきますから、実際にお金に損をすることはありません。なので、初心者で何もかも分からないけど投資に関心があるのであれば、バーチャルで体験するのは良い勉強法の1つとなるかと思います。

FXのヒント

FXをする時に気をつけておきたいこととしてはお金の管理です。お金は数字として表示されているので、管理しやすそうに思いますが、 トレードばかりに集中してしまい勝ち負けにこだわってしまうあまりに気がつくとお金がなかったということが少なくありません。 そうなれば意味がありませんので注意すべきです。